スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平成24年2月「若者だって街づくり」フォーラムが開催されました

2012.02.25.21:47

平成24年2月12日に青梅市役所会議室にて実施されました。

パネラーを含めると90名以上の方の参加となったようです。
パネラーの一人として、ご参加いただいた皆様に感謝いたします。

コーディネーターの岡本富郎さんは明星大学教授で、様々な地域で子どもに関わりを持った活動を展開されている方。当日、初対面でしたが、シンポジウムやパネルディスカッションの進行も多数経験されており、打ち合わせから和やかに進めていただきました。
1_20120225210221.jpg

パネラーの4人は事前打ち合わせで対面済み。
発言順は、パンフレット順に机に名前が貼ってあったので、その順に。

小山洋一さんは、青梅市内で「和会」という経営者の多い仲間の和を作りボランティア活動で被災地を訪れたり、中学生の職場体験受入れなどをされている方。

林由佳里さんは、「子ども劇場西多摩」の理事、青年ブロック長。小学校1年生の頃から子ども劇場の活動に参加。社会福祉に関わる仕事、活動を推進中の方。
4_20120225211520.jpg
山岸怜奈さんは、「民立おうめ楽校」(うめ校)主宰。大学を卒業して間もない中、大学ゼミでの活動から行動を起こし、市内で青梅市市民活動推進課などとも協働した活動を進行中の方。

私(若林良弘)は、「おそきの学校の今後を考える会」の事務局として参加。小曾木地区での会の取り組みや、「小曽木っ子の会」、「おやじの会」の活動の様子を紹介しました。
2_20120225212615.jpg

ここまで準備を進めていただいたスタッフの方は、「子ども劇場西多摩」「青梅こども未来」「青梅市青少年委員協議会」「市企画調整課、市民活動推進課」の方々。このイベント以外でも、いくつもの事業をこの方々の委員会で進めて来られました。

それぞれに地域への想いがあり、事前の打ち合わせで、このイベントで、終了後の交流会で、それぞれの想いを伝えようとしました。来場いただいた方々からもご発言、また、応援いただきました。限られた時間で、深く伝え合うことの難しさも実感しましたが、一つの会場で気持ちを知り合ったことで、私も含めたその一人一人の行動が変わっていくように思います。様々な面から周囲を盛り上げたい、もっともっと誰もが幸せを実感できるそんな街でありたい、プラスのパワーが重なり合って私自身もパワーをいただいたイベントでした。
ありがとうございました。


関連記事

comment

Secret

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村