スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H27.10.18  おそきDE田舎暮らし 稲刈り体験を行いました!(東京都青梅市小曾木地区)

2015.10.29.23:47

10月18日(日) 10時。晴れ時々曇り。ついに稲刈りの日になりました。
IMG_0032.jpg

参加者約80名、スタッフを合わせると約100名での開催です。
一般財団法人 地域活性化センター平成27年度移住・定住・交流推進支援事業として助成を受け実施している「おそきDEプチ田舎暮らし・子育てHAPPY事業」のひとつとしての実施です。
 
加藤さんより稲刈りの説明、注意を受け、稲刈りを始めました。
田植えの時に作った自分の田植えをした場所を示す板で作った看板も、だいぶ黒ずんでいますが何とか読み取れます。
IMG_0027.jpg

農業とは離れた生活をしている私も、今年は、種まき、しろかき、田植え、草取り、稲刈りを含めて、毎週、この田んぼに来ていると農業との距離もだいぶ縮まり、また、水(水利)の大切さ、気温の変化、天候の変化、虫や動物(獣)などに大きな影響を受けて農作物が作られていることを体感した1年でした。
大きな天候などによる被害を受けることなく、ここまで育ってくれて、天候にも恵まれ予定通りに今日のみなさんによる稲刈りを迎えられたことは、自然への感謝の気持ちでいっぱいです。
IMG_0038.jpg

皆さんが稲刈りをしている間に、スタッフでおにぎりと豚汁の準備をしていました。
DSC_0123.jpg

おにぎりのお米はこの地で採れたコシヒカリ。
DSC_0124.jpg

豚汁の食材も地産のものが中心になっています。
DSC_0126.jpg

「はさかけ」の準備です。
この場所は、昨日、草刈りをして準備しました。
IMG_0042.jpg

最初は「はさかけは1列で収まるだろう」と準備していましたが、稲刈りが進むにつれて加藤さんより「思ったより出来がいいな」という言葉。
IMG_0046.jpg

今年のお米の出来はあまり良くないとの加藤さんのお話で、同じ乙黒耕地で今年稲刈りした田んぼの中でもあまり収穫できなかったところもあったそうです。
IMG_0048.jpg

刈った稲をひもで結んで、はさかけします。
IMG_0052.jpg

やってみると、やっぱり広いんですね、田んぼは。
結構、やりがいがあります。
IMG_0054.jpg

はさかけは1列では収まらずに、2列になりました。
収穫は良さそうです。
IMG_0070.jpg

昼も近づくと、すっかり晴天に。
IMG_0074.jpg

終わるころには、すっかり慣れた手つきにみなさんなっていました。
IMG_0083.jpg

今回の参加者みんなで記念撮影。
IMG_0087.jpg

稲刈りが終わったあとは、民家の庭に戻り、準備したおにぎりと豚汁をみんなでいただきます。
IMG_0092.jpg

ちょうど柿が実っている時期。
今回は稲刈りに加えて、柿もぎも。
地主さんのご厚意で、ご自由にどうぞ、という形での提供となりました。
どんどん高枝切りバサミで子どもも大人も柿をもぎ、おいしそうに食べていました。
IMG_0093.jpg

ここまで1年間、お世話になった田んぼでの田舎暮らし体験。
来年はさらに発展させた形での実施を企画中です。
子どもさんとの体験を希望する方、もっと農作業体験したい方、小曾木地区で子育てを楽しみたい方などなど、引き続きこのブログのチェックをお願いします。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村