スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅市と小曾木の子育て関連ボランティア団体例と、活動上感じること

2010.07.13.22:42

・ここで紹介するのは、青梅市内で活動している子ども関係のNPO例として、「青梅こども未来」と「子ども劇場西多摩」。また、任意団体の「おはなしの会ころりん」、「小曽木っ子の会」。どれも全部コンセプトは子ども。

・NPOはボランティアの気持ちがないとできないが、東京都から認証を受けているきちんとした組織で予算や決算を東京都や法務局に出している。任意団体のボランティアと違い、社会的な責任を持って目的に沿った活動をきちんとしていかなければいけないので、仕事という部分もある団体。

・「子ども劇場西多摩」はNPOで会費が必要。生の舞台を見ることを大切にしていて子どもが文化や芸術に触れて育つことを大切にしている。

・小曽木の子育て支援のボランティア「小曽木っ子の会」は全部子どもに関わる活動。子ども達が安心して育つように、周りにいる大人たちも子育ての不安や心配を一人でかかえこまず、みんなとレクリエーションなどを楽しみながら話し合える場を設定している。学校の先生、保護者、地域の方と一体となって楽しいことをしながら集う会。

市内のNPOでも様々なお母さんと会うことが多いが、大切なのはまず親が支えられていることと感じる。親は立派で当たり前ではなく、親もいろいろ大変な中で子どもとの生活をしている。本当の意味で支援が必要なお母さんが大勢いるように思う。子どもにとっても、親以外でも自分をきちんと受け止めてくれる人が周りに居ることが大切と実感する。

・ボランティアをしていて感じるのは、子どもはいつも矢印を外に出しているが、親や周囲の大人がそれを受け入れられない状況もある。はね返したり、無視したりという現状もあるように感じる。小曾木は私と同じように思ってくださっているお母さん達が一緒に活動している。

・人と人とのつながりがすごく大事、子ども達は親以外の人とも知り合って楽しい経験ができるといいので、地域の人間関係が大切と思っている。これからは地域のいろいろな会がつながっていくことが大切と思う。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村