スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H27.8.2 おそきでプチ田舎暮らし 田んぼの手入れ体験 を行いました!

2015.08.03.12:06

今年の「田舎暮らし体験」の第2弾、
おそきDEプチ田舎暮らし田んぼ手入れ体験
を8月2日(日)16時から行いました。

6月21日に植えた田んぼも周囲にはずいぶんくさが茂ってきました。
IMG_9203.jpg
田んぼの中には、水草は見えますが草はほとんどないように見えます。
IMG_9204.jpg
暑い熱い日が続いています。
暑さの和らぐ午後4時のスタートとしました。
IMG_9206.jpg
開会のあいさつを終え、加藤さんから草取りなどの手入れについて指導をいただきます。
今回は機械は使わずに手で作業します。
稲と草の違いから。素人にはなかなか見分けが難しいところです。
IMG_9208.jpg
田んぼの周囲に茂っている草は、根も強く張りなかなか子どもでは取れないので、大人が頑張って取ること。
IMG_9214.jpg
田んぼの中は取りやすいですが、軍手を使ってケガの防止は行いました。
IMG_9216.jpg
説明を聞き終わったところで、さっそく自分が植えた稲の周囲から開始です。
自分が植えたところに差した看板を見て、「あったよ」なんて声が多く聞かれました。
IMG_9227.jpg
取った草はレジ袋に入れておく形にしました。
IMG_9225.jpg
田植えの時には田んぼにみんな入っていましたが、中には入ってみたら足が気持ち悪いようで出てくる小さなお子さんもいました。
IMG_9235.jpg
今回の参加者が47名。草取りなどが中心の今回の田んぼの手入れ体験ですので、もっと少ないかと思いましたが、子どもさんも含めて田植えをした方の約1/3が参加されました。
スタッフ13名を含めると、60名!!
熱心な皆さんに感謝です。
IMG_9233.jpg
水の暖かな奥側のほうが草が多く感じました。
IMG_9237.jpg
実際に草を取ってみると、レジ袋に入りきれないほどでびっくり!
それでも30分ほどできれいになりました。
IMG_9239.jpg
ひと段落したところで、昔は使っていたという「除草機」(八反取り:はったんどり)という人力で動かす、除草に使った古い機械の使い方も岩田さんに披露していただきました。
IMG_9251.jpg
昔はこの機械でずいぶん除草が効率化できたとのこと。
IMG_9254.jpg
試したいという子どもたちがチャレンジしていましたが、何とも重くて大変そうでした。
IMG_9256.jpg
すっかりきれいになった田んぼは気持ちよさそう。
暑い中の作業なので、熱中症防止でお配りしたペットボトルと、加藤さんに茹でていただいた加藤さんの畑のとうもろこしをいただき一休み。
このとうもろこしの品種は「ゴールドラッシュ」。生でも食べられるとのことで、生のままのものも試食してみました。
生でも柔らかくみずみずしい、なかなかおいしく味わえます。
昨夜、近所でたくさんのとうもろこしが「ハクビシン」に食べられたそうですが、気持ちがわかります。
電気柵をしていても、下からもぐり込む道を作る頭の良さだそうでお手上げ状況で、作っている方にとってはガックリさせられる悔しさです。
IMG_9246.jpg
夕方の実施で、レーダーでの雨雲の状況をネット確認しながらの実施でしたが、無事に終了できました。
終了後は、希望者による水路確認ツアーも行い、成木川に作った堰から田んぼまでの水路と水量調整場所を見て回りました。
IMG_9260.jpg
田舎暮らし稲刈り体験は、10月18日(日)の実施です。
その時までにしっかりと実ってくれることでしょう。 


今年の「考える会」の活動は、
一般財団法人 地域活性化センター平成27年度移住・定住・交流推進支援事業
「おそきDEプチ田舎暮らし・子育てHAPPY事業」
の一環で実施しています。
事業も前半戦が終了し、そろそろ後半戦に入っていく体感です。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村