スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第2回「おそきの学校の今後を考える会」を振り返って

2010.05.05.23:23

いつまでも子ども達が元気に走り回り、声が聞こえる地域であって
欲しい。緑豊かで環境の良い小曾木地区の学校の児童・生徒数
は今後も確保できるのか。

地域の都市計画問題から今回は考えてみました。
地域には歴史があり、住民の意思、青梅市の構想、東京都からの
見地、政治的な判断もあって現在に至っていることが雰囲気とし
てわかりました。

また、すぐに変わることはなくても、10年先、20年先の未来も
同様に作られていくのだろうとも感じました。
でも、少し早めにここ数年の間には対策を打ち始めないと小曾
木地区の子どもの減少は進んで、1学年の人数が1桁の世界に
入っていってしまいます。
みなさんもぜひ一緒に考えてみませんか。
関連記事

comment

Secret

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村