スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H26.2.9 2.15 2度の大雪

2014.02.16.00:10

2度に亘る大雪、1回目が2月9日。富岡地区の観測で43cmの積雪。
1.jpg
2.jpg
七小の遊具も雪に埋もれました。
3.jpg
この日は、都知事選挙当日。選挙会場の小曾木市民センターは、早朝からボランティアの青梅市職員と消防団が雪かきに出て選挙に備えていました。お疲れ様です。
0.jpg
市民センターのベンチの屋根は2つとも折れ曲がってしまいました。
005.jpg

そして、また降った2月15日。
こちらの大雪は富岡地区での観測で65cmの積雪。観測史上初と言われる災害レベルの大雪。
小曾木地区でも各地で屋根の破損、カーポートの破損、ビニールハウスの破損などが見られました。
七小奥の小曾木三丁目上戸地区では、倒木により停電状態に。
青梅消防署から4時間かけて小曾木地区まで署員の方々が来てくれていました。
そして地域の駐在さんもスコップ片手に車では走れない地域内を歩いて動いてくれていました。
どちらもとってもありがたいことです。
009.jpg
008.jpg

小曾木市民センター周辺もとても車で走れる状況にはありません。
006.jpg
007.jpg
地域の仲間と機械が集まって除雪作業を行い、半日で都道までは出られるようになりました。
しかし、災害レベルの大雪には公の力は及びませんでした。
都道の除雪は進まず、約1日、小曾木地区は孤立状況に近かったでしょう。
同様の場所がたくさんあった今回の大雪は、日頃にはない災害時の自助・共助・公助の意識を痛感することになりました。自助・共助の助け合いの気持ちが機能すると、疲れは残ってもとても気持ちがいい汗にはなったのではないでしょうか。ひとりひとりに何ができるのか、問いかけているような自然の力を感じました。
0010.jpg
関連記事

comment

Secret

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村