スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H25.5.18 小曽木っ子まつりを開催しました!

2013.05.26.07:09

平成25年5月18日(土)小曾木市民センターにて第3回小曽木っ子まつりが行われました。

今年は、
主催:小曽木っ子の会、子ども劇場西多摩・風の子サークル
共催:おそきの学校と地域を考える会、おやじの会
というスタイルで、新たなコンセプトとして子どもから高齢者までが一緒に楽しめる場所として、青梅市市民提案協働事業の一環で多世代交流の場を目指しました。

昨年は、マジックショーなども同時開催し、他地域の方も含め受付数で184名の方にご参加いただきました。
今年は、例年の小学生へのチラシ配布や小曾木地域への回覧に加え、中学生へのチラシ配布、小曾木地域の4つの高齢者クラブ(老人会)への400枚のチラシを用いての参加誘致、岩蔵温泉司翠館、儘多屋のご協力による送迎バスの実施も行いました。
5 (400x267)
青梅市市民提案協働事業の一環として、事前打ち合わせで青梅市担当者や小曾木地区児童・民生委員の方々とも地域実情について話し合い、当日は民生委員の方々にはご参加いただき見守っていただきました。結果、今年の参加数は受付数で227名と過去最高となり、確認できた最高齢の方89歳を始め各世代の方にご参加いただけ、目的をかなえることができました。

受付
18 (400x267)

全体案内図
11 (400x267)

今年は地域の方々による「昔遊びコーナー」へのボランティア協力を依頼し、受けていただいた地域の方々による4つのコーナーが作成できました。

「わら細工」コーナー
わらを使ってかたつむりを作成、また、シュロの歯を使ってバッタを作成という内容で小さな子ども達からご高齢の方まで作成を楽しんでいました。
88 (400x267)

「竹とんぼコーナー」
かわいい竹とんぼを作成しました。
120 (400x267)

「坂車(さかぐるま)コーナー」
みなさん、「さかぐるま」って知ってます?
今回の話が出てから、地域で聞いてみましたが、60歳代以上の方は子どもの頃によく遊んだようです。
20 (400x267)
手に持ったロープを引くと左右に舵が切れる優れもので、タイヤは丸太を切って作ってあります。
今回、さかぐるまを行うのに心配だったのが、安全面。
後ろから引けるロープを付け、走る坂は市民センター隣接のご家庭に提供いただき、ケガ無く実行できました。

29 (400x267)

「凧作りコーナー」
ビニールを竹ひごに付けて凧を作りました。
58 (400x267)
「小曽木っ子まつり」の祝い凧も揚げてもらいました。
99 (400x267)
作った凧をさっそく飛ばしてみられるのも市民センターのいいところ。
115 (400x267)

子ども遊びコーナー
子ども達も遊びコーナーを作って遊びました。
子ども達で大盛況!!

「たたいてかぶってジャンケンポン」
55 (400x267)

「ボーリング」
79 (400x267)

「宝さがし」
77 (400x267)

「ストラックアウト」
50 (400x267)



例年通りにおやじの会では「流しそうめん」を作ってくれました
74 (400x267)

他にも、小曽木っ子の会の「ミニカレー」や子ども劇場西多摩の「チヂミ」と「フランクフルト」
63 (400x267)
予想以上にたくさんの方々に来ていただき、食べ物がお昼過ぎには完売状態となってしましました。
食べられなかった方、申し訳ありませんでした。そして、もっと食べたかった人もいただろうと。
天候にも左右されますが、今回は天候にも恵まれごしのあたりは迷惑をお掛けする結果でもありました。


午後からは、第22回青梅舞台芸術フェスティバルと連携しての
「竹遊~たけあそび~」竹の音楽家 柴山旺山さんの竹楽器作りが、行われました。
129 (400x267)
子ども達が、そして、ファミリみんなでなどたくさんの方々にご参加いただき竹がたらなくなる場面も。そこは地元の頼りになるメンバーがすぐに帰って竹を切り準備。ほんと助かります。
137 (400x267)
作った竹楽器は演奏の練習もして、最後は発表会を行いました。
152 (400x267)

小曽木っ子まつりは、3回目の今年、ボランティアスタッフの募集も行い50名以上のスタッフでの運営となりました。地域の仲間達が様々な立場で応援してくださったからこそ、ここまで盛大にできたことに感謝致します。今回は、子ども達の笑顔だけでなく、大人も高齢の方々も参加する立場、遊びを伝える立場など様々な楽しさを味わえたお祭りとなりました。
来年は5月18日(日)の開催を目指して準備を進めます。たくさんの方々にご協力いただき小曾木のみんなが楽しめるイベントを目指しています。

スポンサーサイト

H25.4.29聞修院でみどりのまつり

2013.05.05.09:00

平成25年4月29日、聞修院でみどりのまつりが開催されました。
IMG_3868 (400x267)
地域の人のお店や露店、演芸など様々な催しものでいっぱいです。
IMG_3873 (400x267)
朝から開催合図の花火も打ち上げられ、黒澤囃子や竹細工体験などもあり盛大に行われました。
IMG_3879 (400x267)

H25.4.26小曾木地区自主防災組織連絡会総会が行われました

2013.05.05.08:07

平成25年4月26日、小曾木市民センターにて小曾木地区自主防災組織連絡会(自主防)総会が開催されました。
IMG_3866 (400x267)

自主防災組織連絡会は、通称「自主防(じしゅぼう)」と呼ばれ、自治会第6支会を中心に消防団、まとい会(消防団OB)、民生委員、小中学校長など主な小曾木の機関が含まれた小曾木地区の防災を取りまとめる組織です。

会長には第6支会長、副会長には第6支会副支会長、消防団第6分団長、まとい会小曾木支部長があたっています。
今年の主な予定は、
9月1日(日)小曾木地区防災訓練(第七小校庭)
3月2日(日)地区防災訓練
となっています。

特に今年の特徴として、第七小学校創立140周年記念行事の一環として、9月1日の防災訓練会場でもある七小の子ども達も参加し実施することとなりました。七小では授業の一環としての実施へ向けて、学校の授業の年間予定に組み込んで準備を進めています。大災害発生時には避難場所になる七小での訓練が、より現実味を持って行われる形に進みます。

H25.4.23青梅市公共下水道供用開始説明会

2013.05.04.23:54

平成25年4月23日、小曾木市民センターで青梅市公共下水道事業小曾木事業区域供用開始説明会が開かれました。
IMG_3863 (400x267)

今回案内の届いた地域の供用開始は、平成25年5月20日となります。
小曾木地区でもまだ全域ではなく、接続の関係から末端に近いところは供用開始が遅れます。

公共下水道が完成しても各家庭で利用しないと投資した巨額の事業費もムダとなり、汚れた川もきれいにならないため、供用開始から3年以内にすべての汚水を公共下水道に流すことが法令で義務付けられています。

各家庭に設置された公共マスまでの排水設備の工事は「青梅市指定下水道工事店」でなければ施工できません。指定工事店への依頼を各家庭で行うと、各種申請から工事、完了の検査、使用開始まで指定工事店が行います。
複数の工事店から見積もりを取ることが勧められています。

水洗便所への改造には貸付制度(無利子)があり、既存の浄化槽撤去には補助金の交付があります。

供用開始から1年を経過すると既存の浄化槽清掃の補助金の交付がなくなり、3年を経過するとくみ取り清掃が有料化されます。

青梅市の財政の年を追うごとに厳しくなる中、小曾木地区の公共下水道化は何とか間に合う形で実施され、各家庭の協力により接続されれば黒沢川の浄化も進むことになります。
現在までは、トイレ汚水は浄化槽またはくみ取り、浴槽や勝手等排水・雨水は河川へとの流れが大勢だと思われます。公共下水道へ接続後は、トイレ汚水・浴槽・勝手等排水は公共下水道へ、雨水は河川へと変更になります。
水洗化とともに洋式トイレ化や温水暖房便座も高齢者や地域へ結婚等で女性を迎えるには必要と思われます。

黒沢川本流の浄化が進み、流域にホタルが見られる日が早く来て、梅雨時にみなさんのご家庭にホタルが舞い込んで来るくらいになるといいですね。



H25.4.22平成25年度第1回考える会(兼総会)を開催しました

2013.05.04.07:00

平成25年4月22日(月)おそきの学校と地域を考える会の第1回考える会(兼総会)を開催しました。

IMG_3852 (640x427)

昨年度は、
1.学校と地域について考える。
2.「おそきだより」の発行(青梅市市民提案協働事業)。
が主要事業となっていました。

今年度は、
1.学校と地域について考える。
2.「おそきだより」を考える会が編集し、第6支会が東京都地域の底力再生事業による助成を受け
  発行する。
   ・合わせて、「ブログ」による地域情報も発信、「おそき一斉メール」による地域情報の発信を
     行う。
3.「おそきみんなで元気プロジェクト」を青梅市市民提案協働事業として推進実施する。
 1)地域行事への高齢者も含めた参加を促進する。
   ・小曾木っ子まつり、七小六中合同音楽会、小曾木地区文化祭の3行事には岩蔵温泉旅館に
    協力いただきマイクロバス送迎も実施する。
 2)高齢者世帯、単身世帯などへの対応を研究する。
 3)地域内の空き家の状況を、将来の居住者増加へ向けて農地の利用なども含め把握する。
が主要事業となります。

地域のみなさんにもボランティアとしての各事業への参加をよろしくお願いします。
ぜひ、年1回、地域行事にボランティア参加してみませんか?
まずは、ボランティア情報を掲載する「おそき一斉メール」への登録をお願い致します。

プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村