スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H25.2.9 立川断層の武蔵村山榎トレンチ(調査溝)が公開されました

2013.02.18.20:52

このブログで紹介した内容は、様々なメディアで既報の通り調査にあたった委員会の調査結果に間違いがありました。
よって紹介した記事は削除し、今後の再調査結果を待ちたいと思います。

なお、立川断層の存在は旧来から確認されており、断層の存在が否定されたわけではありません。
今後とも、地域防災の観点から各自でできる防災対策が大切です。
スポンサーサイト

H25.2.9 川口京子コンサートが聞修院本堂にて行われました

2013.02.16.22:10

平成25年2月9日午後2時から聞修院本堂にて川口京子コンサートが行われました。

主催は、青少年対策小曾木地区委員会、青梅七小PTA、青梅六中PTAの3団体。
隔年で小曾木市民センターを会場として実施している講演会の会場を聞修院に移しての開催となりました。

川口京子さんは日本歌曲・童謡・子守唄などレパートリーは多岐に亘り、言葉と情景が伝わる歌手として、1999年には日本童謡賞特別賞を受賞されています。ピアノは長谷川芙紗子さん。童謡・唱歌ほか様々なジャンルでの演奏活動をされています。

今回のテーマは「母の歌」
IMG_3515 (500x333)

前半は「冬の歌いろいろ」
北風小僧の寒太郎、スキー、しぐれる夜、など、10曲。
IMG_3514 (500x333)

後半は「母と子の情景」
ぞうさん、東北の子守唄メドレー、五木の子守唄など10曲。
IMG_3516 (500x333)
IMG_3520 (500x333)
時間を越えて、さらに2曲を歌っていただけました。
休憩時間にはお茶やお菓子もいただける和やかな雰囲気。
IMG_3509 (500x333)

前半はたくさん参加した子ども達もよく知っている歌がたくさん。後半は、子育て中の方や孫へ伝えたくなるような、温かな心を感じる歌唱でした。「五木の子守歌」は奉公中の子どもが子守唄で口ずさむ情景なんですね。そして、核家族化や孤独化の進んだ現代では失われてしまった親から子へ、祖父母から孫へと子守唄や言い伝えを通じて伝えられてきた日本の伝統的な温かさ、厳しさを思い出させていただけた素晴らしいコンサートでした。

会場を提供いただいた聞修院では川口さんは10年ほど前にコンサートを行っているそうです。住職の田中さんを始め、ボランティアでこのイベントを支えていただいた聞修院を支えるスタッフの方々には、開始前から終了後まで、本当にお世話になりました。お蔭様で落ち着いた雰囲気の中で心に染み入るようなコンサートになりました。

H25.2.9 小曽木っ子おもちつきが行われました

2013.02.16.21:52

平成25年2月9日、小曽木っ子おもちつきが七小校庭にて行われました。

集合時間の10時にはたくさんの子ども達が集まり、9時から準備していたかまどで蒸かしたもち米(富岡の加藤農園で収穫)でもちつきを行います。
IMG_3421 (400x267)
もちをつく前にこねるのは、コツと力が必要です
IMG_3429 (400x267)
もちのつき方を教えます
IMG_3417 (400x267)
みんなで順番についてみました
IMG_3423 (400x267)
小さなきねを準備しましたが、それでも重いです
IMG_3424 (400x267)
親子でのもちつきもいいですね
IMG_3445 (400x267)
女性陣が食べやすい大きさにちぎって、のり巻き、きなこ、大根おろし、あんころもちに変わります
IMG_3427 (400x267)
今年はインフルエンザの大きな流行もなかったようで、94名と多くの参加をいただきました
つきたてのおもちをみんなで食べると、また、おいしいですね
IMG_3436 (400x267)
もちと一緒にけんちん汁も。手分けで作ってきてあるので、いろいろな味付けが楽しめました
IMG_3439 (400x267)
かまどがあるので、けんちん汁もあっつあつです
IMG_3448 (400x267)
しいたけを素焼きにして、しょう油で食べるのもまたおいしい。これも富岡産。
IMG_3449 (400x267)
最後は参加者みんなで、輪を作って、「また来年!!」
IMG_3462 (400x267)

小曽木っ子おもちつきは、
主催:小曽木っ子の会&子ども劇場風の子サークル
協力:おやじの会、おそきの学校と地域を考える会
での開催でした。日本の伝統文化を体験する意味でもおもちつきはいいですね。
小曽木っ子の会では、春には小曽木っ子まつりを企画する予定です。
参加者とともに、一緒に運営に参加いただける方も募集しています。
子ども達の笑顔から元気をもらって、一緒に元気になってみませんか。

お問い合わせは、考える会事務局若林までお気軽にどうぞ。
osokinogakkou@gmail.com


H25.2.3 青梅市親子綱引き大会に小曾木からも13チームが参加!

2013.02.16.21:04

平成25年2月3日に青梅市親子ふれあい綱引き大会が開催され、小曾木地区からも13チームが参加しました。

小曾木地区からの参加チームと結果は以下の通りです。

【小学生低学年の部】
 ハイパーソーダーチーム  予選敗退
 7小ファイターズA    5位
 7小ファイターズB    予選敗退
【小学生高学年の部】
 セブンファイト4     予選敗退
 フェニックス       予選敗退
 ロックブリッジ4     予選敗退
【中学生男子の部】
 神と忠実な下部たち    準優勝
【一般女子の部】
 小曽木レディース     優勝
 ゆず           準優勝
【一般男子の部】
 おやじの会体育委員    優勝
 TEAMおやじ      3位
 第6支会体育委員     予選敗退
【ふれあいの部】
 小曽木剣道会       3位

子ども達の引き合いでは、成木地区の強さが目立っていました。
一般女子の部では、昨年も小曾木地区の女子が優勝しており、地区としては2連覇達成です。
一般男子の部では、七小校長先生を含んだおやじの会と体育委員の混成チームが優勝。たぶん、一般男子の部での小曾木地区優勝は初でしょう。

この大会は、青少年対策地区委員長連絡協議会が主催し、役員として、青少対委員、スポーツ推進委員などが運営を行っている大会です。

5位に入賞した7小ファイターズA
IMG_3395 (400x267)
子ども達はみんな頑張っていました
IMG_3399 (400x267)

IMG_3407 (400x267)
一般男子の部で優勝したおやじの会体育委員チーム
CIMG8523 (400x298)





 
      

H25.1.24 平成24年度第4回 おそきの学校と地域を考える会を実施しました

2013.02.16.20:16

平成25年1月24日、小曾木市民センターにて平成24年度第4回おそきの学校と地域を考える会を開催しました。

今回のテーマは、
1.おそきだより第3号の発行へ向けての記事について
2.来年度のおそきだよりの発行へ向けて
3.来年度のおそきの学校と地域を考える会の事業の検討について
の3点です。
P1240047 (400x300)

1.おそきだより第3号の記事について、内容がほぼ決まりました。今回は初めて会員以外の方からの掲載希望もあり、その掲載が決まりました。おそきだよりも一歩一歩地域へ浸透していることが実感されます。

2.来年度のおそきだよりの発行については、今年度の市民活動協働事業は単年度事業で継続できないため、別の方法での発行を検討しています。今年度以上に自治会第6支会との連携を強めて、発行できるように進めることになりました。この会議の前日の1月23日に第6支会役員会に出席し、相談を実施し、進めている状況です。形は決まっていませんが、発行は継続したいと考えています。

3.来年度のおそきの学校と地域を考える会の事業は、今年度の事業の継続、小曾木地区内での子どもと高齢者の交流、空き家の活用へ向けての状況把握などを予定しています。平成25年度の青梅市市民提案協働事業への提案も行い、青梅市との協働での事業運営へ向け、準備を進めます。



プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村