スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小曾木に住むようになって良かったことは?

2010.09.20.22:52

・地域の方が本当によく挨拶してくれる。知り合いのいなかった私も声を掛けてもらえて安心した。うまく受け入れていただけた。子ども達にも安心。
・自然環境。山や川そしてきれいな空気。静かさ。
・隣組、自治会、畑のおじさん、おばさんなど人間関係に恵まれた環境。
・小曾木の60代から70代の世代にすごいパワーを感じ、ゲートボールや体操、カラオケに毎日忙しいので、私たち30代から40代も行く行くはそうなれたらいいと思う。

※人間付き合いが濃すぎるという話をよく聞く気がしますが、入って来られた方に取っては隣近所の方々による声掛けは暖かく伝わっています。最初はエッと思うこともあるようですが、小曾木地区の良いところとなっています。
スポンサーサイト

小曾木に住むために必要なことは?

2010.09.20.22:40

・車の運転免許。車の運転ができれば不便さは大幅に減少する。
・就職も自宅から通える会社を選ぶ。
・三世代同居の場合には我慢。親も子も。孫にとっては、しつけなど良い面も目立つ。

なぜ、小曾木から出る?

2010.09.20.22:27

・一番は通勤の問題。こちらはバスの本数も少なく、会社は駅に近いので環境意識の高まりにより会社への車両通勤は制限もされている。時間もかかる。
・会社の地域にもよるが、出社時の車の渋滞はストレスになる。
・家が狭く同居はできない。住む場所がないので市内には住んで、将来を考え、子どもはこちらの保育園に通わせている。
・子どもの学校が・・、という声も聞こえる。
・高校などへの通学でも1時間位は余計にかかる。駅までの送迎も必要になっている。

※交通の便の面では、バスの便の少なさが致命的。しかも都バスと西武バスの時刻が近いことが多い。要望は毎年出されているが、電車との接続などにより改善できていない問題です。

※3世代同居が親側からも子ども側からも難しい時代の中で、別に家が建たないことにより不便な場所でもある小曾木から離れて行く動きがより強くなっている面を感じます。

なぜ、小曾木に住むの? ②

2010.09.20.22:20

小曾木以外で生まれ、小曾木に来られた方のご意見は・・

・金額的な安さの面から、家を購入できる範囲だった。
・以前は排気ガスなどがひどい地域にいて、山と川があって駅からは多少遠くてもよいと不動産屋さんに言ったらここを紹介された。
・こんな環境を探して賃貸物件に住んでいる。
・子ども達が集えるような広さと場所が欲しかった。
・子どもに地元を持たせてあげたかった。

結婚によって(妻となって、夫となって)小曾木に来られた方のご意見は・・

・家を建てる土地があった。子どもたちは近所の方に育ててもらったと思っている。ここでよかった。
・子どもが育つには良い環境。1クラスなので、母同士も仲良くなれる。
・土地があった。地元の方たちが行事などで声を掛けてくれてうまく受け入れていただけた。

なぜ、小曾木に住むの? ①

2010.09.20.21:55

小曾木で生まれた方で、小曾木に住んでいる方のご意見は・・

・長男で跡継ぎだから、子どもの時からそう感じていた。
・地域に育てていただいたことによる地域への愛着、そして親も地域から離れたくない気持ちがあった。
・仕方なく。親に他の地域へ出ることを許してもらえなかったため。
・安心できる仲間や近所の方が居るから。久しぶりに会っても気兼ねなく話ができる仲間がいる。
・当たり前と思っていて、なぜかなんて考えたこともない。
・落ち着く地域のなので、子どもが小学生になる時期に戻ってきた。
・地元に貢献したいという気持ちがあって、今はここに住んでいる。
・自分が育った場所で子どもが育つというのは安心感がある。
・他の地域のアパートで暮らしたとき、人の関わりが薄く寂しかったから。
・この地域に土地があったから。街中に住みたいという気持ちもなかった。
・同級生が結婚して出て行くのが不思議。人間、ちょっとした我慢も大切と思う。
・自立した生活を送るには、給料的にも地元でないときつい。
・地元の女性と結婚したから。

※様々な世代の方からお話しいただきましたが、年代が高いほど親の意思の反映が大きく感じられました。また、現在は親の側が同居を好まないため、子どもが小曾木に住まない面も感じました。
プロフィール

osokinogakkou

Author:osokinogakkou
小曽木地区。池袋まで西武線で60分(飯能駅まで車で10分)ながら、地域には蛍も飛び、温泉もあり、また、下水道も整備された地域です。

最新記事
過去の記事
最新コメント
連絡先
考える会への連絡、ご意見、ご要望、記事の提供などはこちらへ
FC2カウンター
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 青梅情報へ
にほんブログ村